不動産売却で失敗しないためのノウハウ|安心の取引ができる

見分けるコツを知ることが大事

積み木

マンションやアパート、テナントのことを収益物件といい、投資をすることによって数十万単位の高額な利益を得ることができるのです。しかし、誰でも気軽に手を出せる時代だからこそ、注意点を知っておくことが大切といえるでしょう。まず、収益物件で利益を得るためには、その物件がある場所を把握しておくといいでしょう。例えば、駅やオフィス街などが近くにあるとします。そこには、当然のように人が集まるので、マンションが少々古くても理想の価格で販売することができるようになるでしょう。反対に、人通りが少なく、駐車場もないような場合には、空室が出てしまう可能性があるので、ペット可などにして差別化を図ることで埋めることが可能になるのです。このように対策をするだけでも収益物件を成功に導くことができるので、自分なりに工夫をしてみるといいでしょう。

一獲千金を狙うなら収益物件を購入するという手段が日本では多く、実際にマンションや店舗などの不動産物件に投資する方がいます。しかし、そのマンションは建てられた年数によって耐震性などが変わってくるので、注意が必要です。特に、日本では毎日のように地震が発生しており、大きい揺れになると最悪の場合命に関わることがあるので、安易に古い物件に手を出すのは自分の首を絞めることになるといえるでしょう。その中でも、1981年より前に建てられた物件はほとんど耐震性の機能を果たしていないばかりか、木造物件の可能性も大いにあるので、避けるようにした方が無難です。また、古いマンションですとリフォーム代も高額になってしまうので、できるだけ新しいマンションを購入するといいでしょう。